タロットを勉強したい方へ

タロットを勉強したい方へ

タロットを覚えたいとおっしゃる方がけっこうな数いらっしゃいます。

ただ、私自身はいまのところ個人で教えたり弟子をとったりスクールの形式をとる予定もありませんので対応できません。

個別でのタロットの使い方に関する質問なども、できれば控えていただきたいです。
(おすすめのタロットを教えてほしいと以前に質問いただいたことがありました。ですが、私が使っているカードはブログにも書いてますしyoutube動画でも毎回名称を伝えながら紹介しているので……個別でわざわざこういうことを聞かれるのは率直に言ってけっこう失礼だなと感じてしまいます。)

そのくらい教えてあげたらいいのにと思われるかもしれないのですが、
単純にボランティアでひとつの体系を他人に正しくインストールしようとすることはけっこうな労力です。
やるならちゃんとやらないといけないと感じてしまいますし、その場合は対価も発生してくるだろうとも思います。

実際、占いやスピリチュアルの業界にいらっしゃる方はお客からスクール受講生へ切り替えるやり方でビジネスとして成立させている方がほとんどです。
また、すべてがそうではありませんが、占い師は儲かる!みたいな下品だなぁと感じられるふれこみでスクール生を募集しているようなものもよく見かけます。(どの程度を儲かるというのかわかりませんが、実際はそんなに儲からないと思います。物凄く有名になるか、教える側に回るか、あるいは下品なやり方をしない限りは。)
タロットを学びたいという方のなかには占い師というものにまず憧れがありできれば占い師になりたく、次点でタロットを習得したいという方が多いように感じます。

何かになりたいと強く思うことは他人につけこまれやすい部分もあると言えますし、そういうスピリチュアルカルチャーの独特な仕組みに気付かずに乗っかってしまって思ったより稼げなかった受講料が高かったとあとで後悔するよりも占い師になるかどうかをいっしょくたにして考えず純粋にタロットを学びたいという気持ちがあるならば、まずは自分でできるところまではやってみたほうがいいのではと思います。

私自身の話をするならば、自分が占い師になるまでは対面鑑定に行ったこともなければ電話占いという業界の存在も知らないような人間でした。(占い師になってからは勉強のために何回か行ってみましたが…。ではなぜ占い師になることになったのかという経緯は正しく説明しようと思うと長くなるのでまた別の機会があれば。)

また、私自身のタロットは完全に独学です。(数々の翻訳や、先人の書籍から学びとったのでそういう意味では一人でやったとはいえないかもしれませんが。)
わざわざ講座を受けるよりお金はかかりません。
それにタロットというのは自分なりの体系を組み立てていけるかどうかというのが最終的に必要になってきますので、講座を受けるにしても知識の補完みたいな感じに利用するくらいの余裕を持ててからのほうが良いと思います。

書店の占いコーナーで解説付きタロットを買えば安価にすぐに始められることなので、ぜひまずは買って手元に置いてみることからはじめてみてください。

 

占いに依存してしまう方へ

占いに依存してしまう方へ

 

鑑定をふだんしているなかで、占いに過剰に依存してしまう方がいます。
そういう状態の方に、「占いに依存してしまうのは良くありません、ちゃんと自分で決めてください」と伝えたところですぐに聞いていただけるわけもないと感じるので、そんな野暮なことはずっと言わないできました。

ですが、自分の支払い能力以上に占いに投資してしまう方が時々います。

それを続けていると確実に経済的に破綻します。
それにそういう方に依頼されたとして私もお断りすることしかできません。
お支払いをいただかないかぎり、してあげられることが何もありません。
いくら私が心苦しく思い、たとえば無料で鑑定したとして、話を聞いたとして、それでは根本的な解決につながらないのです。

 

占いはもともと健康的な人をより本質的な道に歩ませるための手助けのツールであり、決して、病んでいるとき、気が沈んでいるときに頻繁に来るような場所ではないと私は考えています。
占いはもともとカンウセリングなどとは性質がまったく異なるのです。
(占いにきて心が楽になった、ケアされたという感覚をおっしゃる方もいますが、それはどちらかというと目に見えないものや宇宙と繋がっていることを思い出す超感覚、芸術にふれて心が解放される感覚に近いと思います。)

占いに依存してしまう方に欠けているのは自己決定の能力です。
占いはだめだと言ってるのではないのです。(占いを全否定するのも私はそれはそれでどうかと思います。逆説的にさまざまなことに目を伏せ全肯定しているのと変わらないのではと思うからです)

単純になんでもやりすぎは良くなく、占いで霊が教えてくれたことに従ってさえいれば失敗することは少なくなります。ですがそれが良くないのです。
人は失敗から勉強するものです。依存してしまうと失敗が怖くなりその日の予定すらじぶんで決めることができなくなってきます。

自分でなにかを決めることはとてもエネルギーが必要な作業です。
リスクや責任に耐えられない場合もあるかもしれません。
ですが失敗してでもこうしたいのだという純粋な気持ちを大事にしてください。
あなたの意思決定が難しくなってしまったことは社会全体の問題であるのであなたひとりが悪いわけではないと私は考えています。
ですが気づいて練習さえしていけば自分であるていどのことは、決めることができるようになってきます。
(ここでは自由意志があるとかないとかの話をしているのではないのです。あくまであなたが自分で決めたと思えるやり方をすることが肝心です)

具体的には、まずは占い鑑定に行かれるのを、2週間に1度に縮めてみてください。
暦が切り替わるのもだいたい2週間ですから、それを目安にしてください。
そのあいだは、占いに頼りたくなっても、呼吸をととのえる瞑想をして過ごしたり、記録に残る紙に感情やそのときの状況を書き出したりして冷静になるよう自律できるようつとめてください。
できるだけ占い師には頼らず知識を増やしたり乗り切るようにしてください。

どうしても耐えられないときは選択式で状況を見れる占い動画も作っているので、物足りなく感じても、できるだけそれで乗り切ってください。
亜弥女占いチャンネル

スピリチュアル文化に外国から輸入された「ハイヤーセルフ」という言葉があり流行していますが、あなたがいま占いに依存してしまっているのならば、無視したほうが良いのです。
目に見えない何者かに人生を乗っ取られてしまわないように。

以上の理由から、占いに依存してしまっていると私のほうで判断した場合、鑑定をお断りさせていただいており、ご理解いただければ幸いです。

あなたが健康になり、もっと自分の人生を豊かにしたい、先に行きたいと思ったときにまたお会いできることを楽しみにしています。

亜弥女

不倫相談についての私の考え

占いの相談で「不倫なのですが相談しても大丈夫でしょうか」と聞かれることがよくあります。

結論から言うと私自身は不倫というだけで相談をお断りすることはしていません。

(占い師さんによってはお断りすることがあるようです)

占いで出た内容はそのままお伝えするようにしており、私自身の意見が混じらないように気をつけています。(意見をいうときは、「これは占いは関係ないのですが」と一言そえるようにしています)

占いというのは思い込みなどで本人が見えなくなってしまっている外的要因を客観的に分析して伝えるという性格のものだと考えています。ですので、私自身は、あまり依頼者の内面的なことは指摘したりはしないよう気をつけています。

(相談いただく20分、30分ていどで背景の問題まで探ることはしませんし、できませんから、たいてい表面的なお話だけで終わってしまいますが、それで良いというスタンスでやっています。)

ですが、何度も来ていただいてるリピーターさんや、1度に1時間や2時間近くご相談いただく方には、占いの要素だけでは足りず、内面の話にせざるを得なかったりもします。

そういうとき、不倫というのは表面的な問題に過ぎないのだと感じます。

具体的な例をあげるのは避けますが、占いに来ていただいてる方と話をしていると不倫で悩まれる状況というのはお相手との関係以上に、ご本人に根ざすことなのだと感じることが多いのです。

ただ、やはり占いの良さは、内面にも深入りせず周りの人間関係には相談しにくいことを「今日は晴れますか」くらいの気軽さで話せる場所だということだと思っています。

もちろん不倫関係自体は、安易にすすめることができるものではありません。ですが、私自身はまわりの人に言いづらい話ほど相談してほしいと考えています。

何の用意もなく占い師になってしまったので、占いとは現代社会において何なのだろう、カウンセリングとは何が違うのか。占いは必要なのか? などと、いろいろと悩んだ経緯もありましたが、現在の私はこんなふうに考えています。

あけましておめでとうございます。

年が明けて確認したところ、LINEトーク占いの亜弥女アカウントの友達登録が5000人を超えていました。

 

 

 

 

 

LINEトーク占いの友達登録はこちら

 

 

占いの仕事をはじめてから、大変なこともありますがお仕事が楽しいです。

小説では小さな賞をいただいたこともあったり、九州の文芸誌に載せてもらったりしました。

 

「お前はいったいどういう人物なんだ」と、言われたときに使うためのわかりやすい肩書きが増えて逆にわかりにくくなってしまったわけですが、

これからはより一層、あまり形にこだわらず活動していきたいと思います。

タロット占い師であり、映画監督であるアレハンドロ・ホドロフスキーのように芸術に志しを持ち、活動していきたいです。

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

使っているカードについて

先日、鑑定中に「使っているカードはライダー版ですか?」と質問いただくことがありました。

結論からいうと私はマルセイユ派なのでライダー版は使っていません。

 

ただ、せっかくですので現在使っているタロットカードデッキを晒しておこうと思います。

それぞれ

左上)マルセイユ、上段中)crystal 上段右)風水

左下)ボイジャー、右下)サイキック

タロットカードです。

鑑定中は現在、以上5つのデッキを質問によってその都度使い分け、何枚もカードを展開し質問に回答している状況です。

 

中でも、いま個人的に親和性を感じているのはボイジャータロットです。

中世の香りを払拭するために作られただけあり象徴から引き出されたのが抽象的なアドバイスの場合でも現代社会で質問者が抱えている実際の問題に具体的に適用させやすいと感じます。

 

このボイジャーは、仏教の神のコラージュが多く使われています。

ボイジャーを使いやすいと感じウェイト版が使いにくいと感じるのは私自身、多神教の文化で生きてきたからかもしれません。

(ウェイト版は製作の文脈からも一神教のイメージがありますし、使っていてもそれを想起させる象徴がたくさん出てきますので切り離せないところがあります。)

 

ちなみにウェイト版も持っています。

ですが、箱にしまいっぱなしです。そういう宿命を辿っているデッキがほかにもいくつかあります。

 

今回は以上です。

ツイッターを開設しました。

というのも、先日お伝えした個人鑑定をするのであれば、ツイッターのフォロワーさん限定にするのもおもしろいなと感じたからです。

私の占術は命卜相のうち卜に分類される占術であり「時」に強く影響を受ける占術です。

ですから「その時」、「いま」、を反映するツイッターからの受付にするほうがおもしろいのではないかなと思ったのです。

 

ただ問題があり、私はツイッターが苦手で過去に何度もアカウントを消したことがありました。

(理由を後付けはするもののほぼ毎度衝動的)

そのため自分でツイッターを動かしていくことには不安があり、どうしたものかと考えていたのですが、結果、今回は自分以外に任せることにしました。

 

そういうわけでツイッターはマネージャーが動かしてくれます。よろしくおねがいします。

https://twitter.com/rmarminor

個人鑑定を受付する予定です。

いままで占いの鑑定は、他社を通してのみ依頼していただいてましたが、直接の依頼についても引き受けていこうかなと考えております。

スカイプを使う予定にしているので、鑑定用のID取りました。

スカイプID live★9secjun
(★を:に変えてください。)

ご興味のある方は「鑑定依頼するかわからないけれど、とりあえず登録だけしておこう」という感じでもかまいませんので登録しておいていただけるとありがたいです。

 

支払い方法はゆうちょ口座あてにお願いする予定です。
現在はメニュー(料金)を検討中の段階で、今月中には受付開始できる予定です。

またこちらでお知らせさせていただきます。

 

12/23追記

スカイプIDわかりにくいので作り直し予定です。

活動報告1

今月より電話占いリエルにて鑑定をはじめることになりました。

 

また、LINEトーク占いでも電話での鑑定を先月下旬から始めております。

(LINEトーク占いでは今までどおりLINEチャットからお話ししていただくこともできます。使いやすいほうからご相談ください。)

 

LINEトーク占いでご相談をお受けするようになってから1年が経過しました。

現在の亜弥女アカウントの友だち数は約4500人。

鑑定件数は700件を超えました。

 

 

今後ともよろしくおねがいします。